最大金利が低いカードローン

金融機関のカードローンの商品案内ページには、各商品の金利が表示されています。でもこの表示は、例えば「5%~18%」といった形になっているのが一般的です。さて、この表示の中のどの金利が適用されるのでしょうか。

カードローンを利用してお金を借りる場合には審査があります。これは融資を行うか否かを金融機関が判断するための審査であると同時に、何%の金利で貸し付けるかの審査でもあるのです。つまり、審査結果次第で金利も変わってくるわけです。

できるだけ低金利のカードローンを利用したいと思っている方が多いですが、この場合上記の金利では一概に低金利で借りられるとは言い難いものがあります。なぜなら、5%で借りられるかもしれないけれど、審査結果によっては18%になってしまうかもしれないからです。

より低金利で借りたいなら極力最大金利が低いカードローンを利用すると良いと思います。

高く思えるカードローンも実は

カードローンと聞くとあまり良い印象を受けない人は多いと思います。正直私もその一人であり、悪い印象を持っています。なぜなら、年利が高すぎるからです。大体15~17%ですが、銀行と比べると馬鹿らしくなってしまいます。

しかし、ここで考えて欲しいです。例えば、1万円を借りたとします。そうすることで発生する年利は約1500円ですが、これ1万円を1年間借り続けた場合です。1ヶ月なら約120円程です。

もう少し金額を大きくしてみましょう。10万円を借りたら年利は1万5千円になりますが、1ヶ月なら1200円程。で、これは月々返済していくので返していくたびに元の金は減っていくため、年利もそれによって低くなっていきます。これは返すのが早ければ利息は少なくすることが出来ます。

銀行等に融資を依頼する場合は時間が多くかかり、手間もかかります。そのデメリットを考えるとカードローンは多少高くても、お得なのかなと考えられます。

私は、時間と手間を少なくすることを考え、カードローンを使用しました。